椿の生け方

最初、開いた椿をこちらに向けていたのですが、蕾が目立つように開いた椿を後ろに向けました。

茶道では開いている花よりも蕾を見せるそうで、開きかけの蕾の方が生き生きとした生命の力を感じさせてくれます。

Facebooktwitter